ACミランのクリスティアン・アッビアーティについて

クリスティアン・アッビアーティ

クリスティアン・アッビアーティはイタリア・ロンバルディア州アッビアテグラッソ生れの元同国代表のサッカー選手でGKとして活躍しています。1996年からはレギュラーに定着し、1998年7月1日に当時ACミランを率いていたアルベルト・ザッケローニ監督に引き抜かれ、移籍しました。

2000年のU-21欧州選手権では優勝メンバーの一員となった。この頃からチームでも次第に守護神として定着しています。しかし、2002-2003シーズンからは頭角を現し始めたジーダにレギュラーを奪われ、控えに降格しました。チームはそのシーズンにチャンピオンズリーグとコッパ・イタリアの二冠を達成します。なおジーダはチャンピオンズリーグ決勝のPK戦でPKを3度セーブするなど大活躍をしました。2005年8月17日に正GKジャンルイジ・ブッフォンが負傷離脱したユヴェントスへレンタル移籍しました。シーズン序盤こそ硬さが見られたが、中盤以降はブッフォンに見劣りしないセービングを連発します。また、代表でもブッフォンの代わりを務めました。

クリスティアン・アッビアーティ

2006年7月18日、5季ぶりにセリエAに復帰したユヴェントスのライバルであるトリノへレンタル移籍しました。トリノでは不動の守護神として36試合に出場して、残留に貢献しました。4季ぶりにミラン復帰を果たした2008-2009シーズンは、安定したプレーと鋭い反応によるビッグセーブを武器にジーダからレギュラーを奪取しました。ジーダが退団した2010-2011シーズンは、新加入のマルコ・アメリアがレギュラーを取ると思われていたが、大方の予想を覆して、シーズンを通じて安定したセービングと驚異的な反射神経を披露してレギュラーの座を死守しています。7年ぶりのスクデット獲得に貢献しました。

最新のACミランクリスティアン・アッビアーティのユニフォームは通販してサイトでお楽しみしてください。

ACミランクリスティアン・アッビアーティのユニフォーム 購入