ACミランのクリスティアン・サパタについて

クリスティアン・サパタ

クリスティアン・サパタは、コロンビア・パディジャ出身のサッカー選手でACミランに所属しています。コロンビア代表で、DFのポジションで活躍しています。

2004年にデポルティーボ・カリからデビューとして17試合に出場しました。2005年夏に出場したFIFA U-20ワールドカップでのプレーが好評したため、8月31日に代表でチームメイトだったアベル・アギラールとともにイタリアのウディネーゼに移籍しました。そして、2006年9月18日、5年の延長契約を結びました。また、2006-07シーズンはセリエAで35試合に出場しました。

クリスティアン・サパタ

2007年10月12日、アンドレア・ドッセーナ、ロマン・エレメンコ、シモーネ・ペペらと共に2012年までの契約延長することに決めました。2009-10シーズンはセンターバックのレギュラーとしてアンドレア・コーダとコンビを組みました。2011年にはコパ・アメリカ2011に出場しました。そして、2016年6月3日に行なわれたコパ・アメリカ・センテナリオ、アメリカとの開幕戦で、代表初得点となる先制ゴールを果たしました。2005年にイタリアのウディネーゼに移籍しました。そして、2006年2月21日には自身の代理人としてクラウディオ・パスクァリンと契約したが、2007年7月9日に契約を解除して、それと同時に、スペインのビジャレアルCFと2012年までの契約を延長することになりました。2011年7月12日、スペインのビジャレアルCFと5年契約を結みました。それに、2012年8月8日、買い取りオプション付のレンタルでイタリアの強豪ACミランに移籍しました。

クリスティアン・サパタ ACミラン ユニフォームは豊富に納品揃っています。ご購入こちらへ!